Event is FINISHED

BlockStone株式会社 「SWFT CEO&CFO来日講演イベント」

Description

BlockStone株式会社 「SWFT CEO&CFO来日講演イベント」


■開催概要

世界中のBlockchainを紹介するBlockStone株式会社が、今回は米国シリコンバレーより「SWFT Blockchain社」のCEO Ramble氏、CFO Alex氏をゲストに招き、シリコンバレーにおけるブロックチェーン・暗号通貨の最新情報や、10ヶ所で上場している最速の通貨交換システム「SWFT」について説明して頂きます。


■テーマ

シリコンバレーのブロックチェーン最前線と、デジタル通貨の最速交換システムのご紹介。


■登壇者

Ramble氏

SWFT Blockchain CEO, Head of Engineer

中国最高学府Tsinghua Universityにてコンピュータエンジニアリングの修士号を取得。Laアメリカカリフォルニア州の North American Blockchain Association(北米ブロックチェーン協会) 会長、Guiyang Blockchain Incubator CEO、貴州 Guiyang Blockchain Fintech Capital Fund パートナー、 Fujian Supply Chain Blockchain Association 会長 、Ramble は仮想通貨ブロックチェーンテクノロジーのパイオニアとして 2010 年から活動している。


■Alex Witt氏

SWFT Blockchain CFO

London School of Economics(LSE)と中国最高学府Tsinghua Universityの経済経営学部の修士号を取得しています。 彼は、チャータード・ファイナンシャル・アナリスト(CFA)の3つのレベルすべてに合格しました。 アレックスはゴールドマン・サックスのグローバル・インベストメント・リサーチ(GIR)部門で株式調査を開始し、初期段階のTMTに焦点を当てたベンチャーキャピタル投資に従事しました。 Bitcoin、Bitcoin Cash、およびEthereumに早期かつ積極的な投資家であり、いくつかのICOの顧問を務めています。 彼は最近、SWFT BlockchainにCFOとして加わりました。


■SuSai氏

シトリックス ヘッドソフトウェアエンジニア

アメリカ在住。筑波大学大学院博士前期


■定員

50名(先着順)


■対象

・暗号通貨/ビットコイン/イーサリアムに興味がある方

・サンフランシスコ、スイスの仮想通貨情報をキャッチアップしたい方

・ブロックチェーンを使ったシステム開発に興味のあるエンジニア・デベロッパー

・ブロックチェーンを使った新たな事業を考えている方


■開催日

2018年3月20日(火)

受付 :19:15〜19:30

講演 :19:30〜20:30

懇親会:20:30〜20:50

終了 :21:00

※今回は英語での講演となりますのでご了承願います。日本語同時通訳あり。


■参加費

無料


■参加者へのギフト

ご希望の方全員に、SWFT COINをお1人様につき10coin差し上げます。


■会場

BlockStone株式会社 社内セミナールーム

〒160-0031 東京都新宿区西新宿6-15-1

セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿 708号室


■主催

BlockStone株式会社 ■協賛SWFT JAPAN株式会社


■ご注意

・当日はお名刺を2枚お持ちください。

・懇親会では、ドリンクをご用意しております。

・お申込は先着順で定員になり次第、締め切らせていただきます。

・当日の模様は、BlockStone.JP、SNS などの広報活動で使用させて頂く場合がございます。

・講演内容に関連しない仮想通貨や関連商品の販売及び勧誘目的の方の参加はご遠慮いただいております。


■参加方法

Peatix申込フォームからお申し込み下さい。


■SWFT Blockchainについて

SWFTは拠点をシリコンバレーに置く、次世代の世界的交換ソフトです。

SWFTは現在の分散型ブロックチェーンエコシステム内で動作し、次世代のグローバル転送プロトコルを作成します。これは、リップルと比較してブロックチェーンの分散元帳技術の精神に沿っています。転送は4つの部分に分かれています。暗号化と暗号化、暗号化と暗号化、暗号化とフラット化、フラット化です。 SWFTは、暗号化された通貨間で転送を導入しており、他の転送機能は近い将来にリリースされる予定です。

SWFTのプラットフォームはクロスチェーン転送プロトコルに基づいており、APP / Webサイト/ APIを利用してワンクリック暗号化転送プラットフォームを作成し、ユーザーは複雑な取引実行を避け、大幅な価格変動からリスクを回避します。

SWFTプラットフォームは、ブロック・チェーン、機械学習、および大きなデータを利用して、リスク・ヘッジ、高速実行、および安価な透明料金を実現します。

SwftCoin(SWFTC)は、転送を容易にするために使用されるSWFTプラットフォームのトークンであり、SwftCoinを利用すると、透明な低料金を提供します。手数料の唯一推奨されるユーティリティトークンとして、SwftCoinはXRPに挑戦する次のデジタル通貨になります。詳細は、http://www.swft.pro/ をご覧ください。


デジタル資産を交換する最良の手段、SWFT Exchange

(2018年2月28日)

ビットコインの価格の高騰が絶えず記事の見出しを賑わせていることから、ブロックチェーンに基づくこの暗号通貨は、かつてないほど有名になっています。しかし、実際、世の中には、

平均的な投資家が知っている暗号通貨の数をはるかに上回る多数の暗号通貨が出回っています。

CoinMarketCapというウェブサイトには2037種類もの異なる暗号通貨が記載されており、そのうち626種類は時価総額が100万ドルを超えています。米ドル、ユーロ、英国ポンドなどを互いに交換することが通貨価値を維持するための一般的なアプローチであるのと同様に、現在、種類の異なる暗号通貨間の交換がよく行われるようになっているため、近年、非常に多くの暗号通貨取引所が誕生しました。

しかし、暗号通貨取引所ごとに取引手数料が異なり、単一のデジタル通貨取引プラットフォームは通常、取引の厚みがありません。つまり、限られた種類の暗号通貨にしか対応していません。その場合、ユーザーは高い交換手数料を負担させられるだけでなく、ヘッジ手段がないために通貨変動のリスクも背負わされます。より大きな潜在的リターンを得るために高額の取引を行う場合、ユーザーは、取引手数料や取引速度を比較するために、あるいは自分が取引する必要のある通貨に対応しているプラットフォームを探すだけのために、様々な取引所のウェブページを始終切り替えることによって、取引を登録し、管理する必要がありますが、これは複雑で、非常に時間のかかるプロセスです。

だから、この暗号通貨エコシステムにSWFT Blockchainのような企業が参入する意義があるのです。シリコンバレーを拠点とするこの暗号通貨取引所は、革命的なクロスブロックチェーン暗号通貨送金プラットフォームです。SWFT は、埋め込みブロックチェーンテクノロジーおよびビッグデータ、AIおよび機械学習を駆使して、世界中の主要な取引所を統合し、最も低い取引手数料を自動的に検出して、効率的にリスクヘッジを達成することができます。SWFT APP、Webサイト、APIの利用により、プラットフォームへのアクセスは、ユーザーが簡単に操作できるワンボタンクリックの簡便性を実現するように設計されています。個人ユーザー、民間のプレーヤー、暗号通貨交換プラットフォーム、および暗号通貨企業は、すべてSWFTのお客様になることができます。あちこちの取引所を行き来する必要がなくなるため、SWFTは、ユーザーが理想的なデジタル資産の交換を体験できる場所になります。

ほかにもSWFTが他の取引所と異なるのは、このプラットフォームが、推奨される取引手数料の支払い手段として、SwftCoinと呼ばれる独自の通貨を創設したことです。SwftCoinを使用することにより、ユーザーは取引コストをさらに下げる割引を受けることができます。イーサリアムをベースとするSwftCoinは新しい分散型ブロックチェーン資産です。ERC-20トークン標準に準拠したSwftCoinは、取引可能なビットコイン、ライトコン、イーサリアムと同様の機能を備えています。SwftCoinはSWFT API利用サービスとブロックチェーンソリューションサービス用のサービストークンですが、通貨取引所およびOTC(店頭)市場の取引手数料としての用途も視野に入れて設計されており、SWFTはSwftCoinの広範な範囲にわたる活用を促進するために世界中の取引所およびOTC市場とのコラボレーションに取り組んでいます。その取り組みが成功すれば、SwftCoinは間もなく最も人気の高い暗号通貨の1つになる可能性が非常に高いでしょう。SwftCoinを取得するには個々のユーザーがイーサリアムブロックチェーン上で取引を開始し、資金を受け取るための専用のアドレスを持ちます。プロセスは透明で、取り消し不能です。SwftCoinは、他の多くの取引所でも購入できます。

SWFTの創設者ランブル・ランは、以前、中国初の暗号通貨モバイルアプリの1つである GooCoinを創設しました。ビットコインの初期の投資家だったランブルは、ブロックチェーン業界の発展に著しく貢献しています。SWFTのコアチームメンバーは、法律や規制に関する経験が非常に豊富であり、4年間で100万人以上のユーザーの獲得に成功するなど、暗号通貨の開発に関しても中身の濃い経験を積んでいます。


Website:

swft.pro(English)

swft.pro/cn(Chinese)

SWFT Platform H5 Version:

exchange.swftcoin.com (English)

exchange.swftcoin.com/cn(Chinese)

Android version:

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.swftcoin.client.android&hl=en

iOS version:

https://www.pgyer.com/rgFD




SWFTC can now be traded on the following exchanges:

Huobi pro:https://www.huobi.pro/zh-cn/ 日本語対応

HitBTC: https://hitbtc.com/

OEX: https://oex.com/

badd: http://www.badd.tv/

coinbene: http://www.coinbene.com/

OKEx:https://www.okex.com/

Flitb:http://www.flitb.com/

ACOIN:http://a-coin.io/

OTCBTC:https://otcbtc.com/

Tokencan:https://www.tokencan.com/

CEX:www.cex.com

Fubt:www.fubt.top
Tue Mar 20, 2018
7:15 PM - 9:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
BlockStone株式会社 社内セミナールーム
Tickets
入場券 FULL
Venue Address
東京都新宿区西新宿6-15-1 セントラルパークタワー・ラ・トゥール新宿 708号室 Japan
Organizer
BlockStone株式会社
5 Followers